弊社ではリフォームローンが取り扱えます!!

皆様、いつもお世話になっております(^⁻^)

弊社ではクレジットカード・QUICPay・電子マネー等の各種キャッシュレス決済に続き、

”リフォームローン”の取り扱いも出来るようになりました!!

外壁塗装,塗装,外壁,屋根,塗装工事,屋根工事,建築,工事一式,外装,リフォーム,防水,クレジットカード,決済,キャッシュレス,クレジット,リフォームローン,ローン,JACCS,埼玉県,坂戸市,川越市,鶴ヶ島市

外壁塗装をするのにローンを組む必要なんてあるのか、金利も掛かるだろうし…と考えてしまっても無理ありません💦

なのでメリット・デメリットを考えてみました💡

メリット

①、手元に資金がなくても工事を依頼できる
②、工事にかかる費用を抑えられる
③、手元に資金を残しておける

塗装工事や屋根葺き替え等の改修工事は一括で払うものと思っていた方も、メリットを知れば考えが変わるかもしれません。

手元に資金がなくても工事を依頼できる

なにかと掛かる工事費用…なかなかすぐに捻出するのって難しいですよね。

貯金をしようにもそれなりの時間がかかってしまうものだと思います。

なかなかお金も貯められず、いつまで経っても依頼できない恐れもあるかもしれません。

しかし、資金がなくてもローンを組めればすぐに工事を依頼できます!!

そして塗装工事の他にも屋根の葺き替えやベランダ修理もしたいけど予算が足りない時などにもローンが有効です。

工事にかかる費用を抑えられる

工事が必要な状態を長く放置してしまうと、余計な費用が膨らんでしまいます。

例えば外壁や屋根のひび、塗料剥がれ、チョーキング、雨樋の歪み 等、大事なお住まいをどんどん痛めてしまうこともあるでしょう。

すぐに対処すれば安く済ませられた工事が、放置してしまったことで数倍の費用が掛かる事もあるのです💦

そんな時ローンを利用して早めに対処することができれば、大事なお住まいが長持ちし、結果的に費用を抑えることにつながります!

手元に資金を残しておける

安いとは言えない工事費用…一括で支払えるけど口座の残高が一気に減ると不安な気持ちが生まれてしまいます。

お子様の進学やお金のかかる家族のイベントが控えていたりすると尚の事です。

予期せぬ出費に備えるためにもできるだけ手元に資金を残しておきたいものですよね。

ローンを使えば手元に資金を残せるので、万が一の出費に備えることができます。

現金一括で支払える余裕があったとしてもローンを検討する価値は十分にあるといえますね☺

 

デメリット

①、金利がかかる
②、審査がある
③、返済計画を慎重に考える必要がある

金利がかかる

お金を借りるということは、金額や返済期間によって決まる金利の分だけ、余計にお金を払わなくてはいけません。

例えば100万円を金利3%で借り、返済期間を3年に設定すれば約46,900円の金利を払うこととなります。

ただし、ローンを組まずに放置してしまい工事費用が膨らんでしまうことの方が大きな負担になってしまうと考えます。

また、弊社では只今「無金利キャンペーン」も行っております!!(条件あり)

お気軽にお問い合わせくださいね☆

審査がある

ローンを組む際には問題なく返済できるかどうか、借入先から審査を受ける必要があります。

職種や勤続年数、収入などを申込用紙にご記入いただきます。

もし審査が通らなかった場合でも、連帯保証人を立てたり、金額や返済期間の変更、頭金等で審査が通るように一緒に考えますのでご安心ください。

返済計画を慎重に考える必要がある

出費の負担が分散することで、毎月の出費が増えてしまいます。

ローンを組んでも問題なく返済していけるか、慎重に計画を立てましょう。

担当者にご相談いただければ、月々の返済額や返済期間や金利を一緒にシミュレーションしますので、お客様に最適な計画を立てていきましょう!

 

このようにメリット・デメリットがあります。

不安なことや分からないこと、聞きたいことがある際は

是非お気軽にご相談いただければと思います。

工事の事はもちろん、お支払いに関することもお問合せくださいね☆

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(人´ ▽`)✨ ㈱あづま塗装店

↓↓下にブログのバナーがあります☺一票お願い致します★↓↓

関連記事

  1. シート看板

  2. 2019年🎍新年のご挨拶🎍

  3. 立て続けに2つの台風

  4. 波板補修工事!

  5. 店舗・住宅リフォーム補助金がダブルで⁉

  6. 赤字覚悟!コロナに負けるな!特大キャンペーン!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。