こんな施工はあり得ない!!!

皆様お世話になっております。

代表の吾妻です。

先日私が施工させていただいた現場で前回塗装工事を行った業者があまりにも酷いので、ブログにさせて頂きました。

問題箇所は屋根なのですが、下の写真をご覧ください。

水性塗料を使用した時の独特な汚れ方はしていますが、施工自体には問題なさそうに見えると思います。

しかしアップで見てみると

おわかりでしょうか?

本来水ハケの為に隙間が空いてなくてはいけないのですが、塗料で埋まってしまっていますね。

こちらのお客様は幸いな事に現状雨漏りなどはしていないとの事ですが、

この隙間が塗料で埋まってしまい、充分な隙間を確保できないと

”毛細管現象”

が起こり雨漏りにつながってしまいます。

水性塗料などの塗膜が厚めに付く塗料などでの施工の場合は特に注意が必要です。

この場合の対策として縁切り処理若くはタスペーサーなどの処理が必要になってきます。

まず埋まっている部分を全て切り離して水が流れるようにしてあげます。

この作業を、縁切り処理と言います。

(この作業だけで隙間が確保できればOKです)

そのあとにタスペーサーを差し込んで行きます。

タスペーサーを差し込む事によってスレート同士の隙間が確保できるので水ハケも良くなり毛細管現象による雨漏りリスクが下がります。

 

弊社では原則、弱溶剤系塗料(シンナーで薄める塗料)を使っての施工を行いますので

塗膜も水性塗料に比べたら薄くなるのでスレート同士の隙間が埋まってしまうリスクを回避しています。

なので絶対にタスペーサーを入れなくてはいけない訳ではありません。

使う材料と職人の塗り方でいくらでも回避可能です。

ちゃんと教育できてない職人に施工させたり、下請け業者に破格で請け負わせて施工させるなどして、このような事になってしまっているのかもしれません。

今回のように前回の施工不良による縁切り処理や、弊社で塗装して埋まってしまった場合は縁切り処理等はさせていただきますのでご安心ください。

 

こんな酷い施工をする業者がいるのが現実ですので、しっかりと知識を持った会社に工事は依頼しましょう!

又、わからない事、不安な事などあれば、お気軽にご相談ください!

 

外装 リフォーム 専門家 株式会社あづま塗装店 埼玉県 坂戸市 鶴ヶ島市 川越市 川島町 東松山市 日高市 飯能市 ふじみ野市 志木市 朝霞市 所沢市 狭山市
塗装 外壁塗装 屋根塗装 屋根葺き替え 外壁工事 屋根工事 雨樋 板金 家 大切な家 財産 守る どんなに小さな工事でもお任せください
職人直営店 実績 安心 LINEで相談 有資格者在籍 雨漏り診断士 外壁診断士 アフターフォロー

関連記事

  1. ログハウス塗装🏘

  2. 今年度の店舗・住宅等リフォーム補助事業スタート❕

  3. ✨新チラシ✨配布START!!

  4. 本社移転のごあいさつ

  5. 👷安全第一👷

  6. 塗装工事だけではないんです❕

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。