家を守るための外装リフォーム

弊社ではお客様から頂くお仕事は、もちろん塗装工事が多いのですが

一概に塗装工事といっても“塗装職人”だけではありません。

まず“足場屋”さんが必要です。

次に窯業系サイディングの壁材だったら“コーキング屋さん”

軒が傷んでたら“大工さん”

雨樋が傷んでたら“板金屋さん”

屋根が傷んでたら“屋根屋さん”もしくは“瓦屋さん”

防水層が傷んでいれば“防水屋さん”

勿論傷み方によって必要な業種の方達は変わってきますが、

このように様々な業種の方達が集まって初めて

 

“家を守るための外装リフォーム”

 

が、可能となるのです。

専門業種の職人さんに仕事を依頼

上記に書いた全ての工程を塗装職人だけで施工してしまうケースが結構あると思います。

弊社も実際に下請けの時は専門業種の職人さんに頼む予算がなく、自分たちで施工するケースが殆どでした

しかし、本当にそれでお客様と我々、お互いが満足できる工事ができるのでしょうか?

専門業種の職人がいる仕事を塗装職人がやって

100%の工事ができるのでしょうか?

シーリングが得意って言う塗装職人もいるかもしれませんが

それはあくまで、“得意なだけ”です.

毎日専門の施工をしている人間には敵うわけないんです。

だから弊社では、専門業種の職人さんに依頼しております。

信頼関係があるからスムーズに伝達できる

このように様々な業種の協力業者様と弊社が直接信頼関係を築いているから伝達漏れが起きにくくなっているのです。

もし、下請けの塗装職人の協力業者だったら又聞きになってしまい

お客様の要望をうまく伝えられていないケースが多くなってしまいます。

そして弊社が直接協力業者様に依頼、伝達することで

 

“しっかりとした業者の選別と工程管理”

 

が可能となっているのです。

お客様に待って頂くこともあります

弊社では自社での塗装職人と信頼している業者としか取引をしておりません。

一般住宅だけでは無く、工場、マンションなどの大規模修繕工事も行っております。

もし、大規模修繕工事を行なっている最中また、弊社が信頼している職人が全員出払ってしまっている場合

お客様に着工まで少し待って頂くこともあります。

弊社もすぐに着工できるようにしたいのですが

これもお客様と職人が納得のいく工事をするためには

止む終えない事なのかと思っております。